【絵画の販売】絵をコレクションしたいときに考えたい5つのポイント

どうも!Houichiです。絵を描いたり、絵を教えたりしています。

絵や美術を愛する全ての人に発信します。

油絵具で描く絵画作品
油絵の具で描く絵画作品

絵を買いたいと思ったり、絵が欲しくることは素晴らしいことです。理由は計画的であったり、衝動的、直感的と様々でしょう。それは買手の美意識や、向上心、新しい価値を見出したい、画家さんを応援したい気持ちなどから来るでしょう。。。

僕は絵を描いて発表する側ですが、実際に何人か画家さんの絵を購入していますので、コレクターの気持ちもわかります。

僕が思うに、その作家の絵だけでなく、その人の発している言葉や文章に触れること(写真画像しかない場合は特に)も大切です。なぜならその人が絵を描く理由や動機、絵では伝えきれない何かを受け取ることができるからです。

加えて自分が飾りたい場所に合うかどうかもある程度ポイントになるでしょう。

これを踏まえてこれから絵を買おうと思っている人が考えたい5つのポイントをお伝えしていきます!

目次
・販売場所
・自分の感覚を信じる
・知名度だけで絵を選ばないことのメリット
・絵に詳しくなくても絵の見方を一つに絞らない
・買った絵を飾る場所を準備しよう

・販売場所

現代の販売場所は様々で民営のギャラリーや画廊、百貨店画廊、などの実際の展示場所で販売している場合とオークション形式のものがあります

他にはネットなどのオンラインショップでの販売なども増えてきました。

絵画の種類もギャラリーによって様々で、パッと見ただけで絵のインパクトや色、形の美しさに魅了されるようなわかりやすい作品から美術史や文化、社会の文脈を知らないと理解できない難解な作品まで、実に様々です。

絵画や絵全般の値段は作家の評価や影響力と有名度によって変わってきます。例えば有名な作家の絵画作品を買いたいのであれば、直接ギャラリーや本人に問い合わせた方が良いです。若手作家で、このクラスの作品は飾りやすいサイズであれば数万〜20万円のものが多く、有名作家は億を超える作品もありますね。。

自分好みの作品をインテリアでおしゃれに飾りたい人の場合は、作家の知名度に関わらず、数千円から数万円とお手頃な値段で販売しているオンラインショップもあるので、そちらで気軽にご購入ができます。

絵の販売場所を詳しく知りたい人はこちらの記事へ⇩

https://houichiart.com/eurikaibasyo/

・自分の感覚を信じる

絵画やアート作品を購入したいときは、誰がなんと言おうとやはり最後は自分の感覚を信じるのが良いと思います。

現代芸術(現代アート)などになれば、値段もする上に知識も必要です。だから日本では専門知識を持ったのコレクターを除いて、一般人にとって現代芸術文化として浸透しきれていないのが現状です。

とは言っても理屈に縛られて、人が言った評価だけで作品を購入するのは自分の感覚を無視していうるのであまり良い策ではないでしょう。

まずたくさんの美術館やギャラリー、画集、ネットで作品を見て、自分の感覚を研ぎ澄まして、自分の感覚で作品を選びましょう

その上で知識があるなら、活かせば良いのであって、初めから知識に偏っては作品を純粋に楽しく鑑賞できなくなります。

・知名度だけで絵を選ばないことのメリット

知名度で買う絵画や絵を選ばないことには2つのメリットがあります。

1つ目はコレクター(絵を買う人)の目が肥えることで本当の意味で作品の良し悪しを判断できるようになることです。

人は評価や名声に盲目になりがちです。これらに実力が伴ったものであれば良いのですが、全てがそうとは言い切れません。

また自分で選んだ絵なのだから、その絵の良い部分を誰よりも見ようとするわけで、すごく上手いという曖昧な捉え方を超えた、踏み込んだ絵の見方を身に付けられるようになります。

2つ目安く買った絵画作品が駆け出し作家さんの場合、その作家が認められ、絵の価値が上がれば自分が買った作品の価値も高まる可能性があるということです。

2つ目に関しては運の要素もあるのですが、自分が応援する作家さんが成長したらコレクターさんも嬉しいものですよね。

・絵に詳しくなくても絵の見方を一つに絞らない

これを意識することで、買いたくなる絵の幅が広がったりします。

リアリスティックな絵画が好きな人であれば、写真的なリアルさ意外に感じる絵の内容やそれ以外の良さはなんなのか考えたり、調べたりすることで作品の見え方がガラリと変わることがあります。

物語性、現象の面白さ、色の美しさ、矛盾する面白さなどなど見方を変えていくと、あなたの本当の好みが分かっていき、より豊かな感性を育てていくことができます。。

・買った絵を飾る場所を準備しよう

絵画はもともと何もない壁や天井に開けた世界を見せる窓の役割でした。今もおおよそそうでしょう。

絵を買う前にあなたの家のどこに飾るのかしっかりイメージしましょう。。。

壁掛けなら、どこが良いのか、リビングなのか寝室なのか。あるいは小さい絵ならば、小さいイーゼルに立てかけるなどいろいろ考えられますよね。

また絵を飾るのだから、飾りたいところやその周辺をきれいに整理整頓し、掃除をした方が良さそうです。。

望む状況や未来をイメージすることで先に絵を部屋に飾る喜びを味わうことができます。その気持ちでいることができればきっと素敵な絵を見つけることができるでしょう。。

絵の飾り方を知りたい人のための記事はこちら⇩

https://houichiart.com/ekazarikatakachi/

まとめ

絵を鑑賞したり部屋に飾ることで生活が豊かになり、心に余裕が生まれます。

絵画のある暮らしをぜひ取り入れてみましょう。

最後までありがとうございます。楽しい1日をお過ごしください。

メールアドレス登録  *
おすすめの記事